占い統計学

占い統計学は嘘?種類の違いや根拠はある?

占い 統計学 嘘 種類 違い 根拠
Pocket

世の中には沢山の占いがありますよね。

でもその占いが統計学に基づいていると言う噂もされています。

手相占いや星座占いはパターンが決まっていて、もしかして統計学に基づかれて結果を説明されているのかと思ってしまう人も少なくはありません。

でも実際のところ、占いは統計学というのはと言われているみたいですよ!

ぴよ吉
ぴよ吉
え、うそなの!?

しかし占いって種類豊富なので、統計学の占いにも種類による違いがあるのとか、その占いによる根拠はあるのかないのかなんて思う人も居るはずです。

そこで今回の記事では、占いは統計学と言われているのは嘘であるのかどうか

と、統計学による占いの種類には違いがあるのか?

さらに根拠はどうなのかについて沢山説明していきますので、どうぞ御覧下さい!

 

占いは統計学というのは嘘?

占いは統計学だというのは嘘なのでしょうか?

これは、占い師さんの間でも意見が分かれる所ですし、統計学者さんの中でも頭を抱える分野と言われています。

占いは種類が多いので全部が統計学に基づいて結果が出ているとも言えませんし、難しいと感じる方も多いところ。

そもそも統計学と占いに違いはあると言えるのでしょうか?

またなぜ統計学であることが嘘と言えるのか、その理由についても紹介していきましょう。

ぴよ吉
ぴよ吉
占い好きの僕には興味が湧く話だなぁ~。

 

統計学が嘘と言われる理由

なぜ統計学である事が嘘と言われているのでしょうか?

それは、お互いの言葉の意味が違うからです。

ぴよ吉
ぴよ吉
え?どういうことだ・・!?

そもそも統計学とは

  • データを集め、偏りがないよう分析すること
  • 正確なデータを数値的に表すこと

ですが占いは、結果を数値的に表すようなことはしませんよね。

また占いというのは、古くから現代へ伝えられてきたものです。

伝えられてくる途中で神話が変わり、対象である人も、日本人であったり外国人であったりと人種が異なります。

よって、占いで”偏りがないよう分析する”なんて不可能です。

しかも統計学に用いられるデータは正しい方法で集められた正確なデータであり、占いで集められたデータというのはこれに当てはまりません。

よって占いが統計学であることは嘘です。

もし言葉にするとしたら、占いは統計学というより占いは統計学的考えと言った感じでしょう。

ぴよ吉
ぴよ吉
”統計学”は正確なデータが必要なんだね。

 

統計情報はどこにあるの?

では占いの統計情報はどこかにあるのでしょうか?

調べてみましたが、ネット上で正式な統計情報は見当たりませんでした。

占い師さんが実際に占いをする際に用いられる本などには、もっと詳しく記載されているのかもしれないですね。

ここ吉
ここ吉
占い師さんは分厚い本を持っているイメージ!

しかし統計学系占術と呼ばれる占いでは、どうやら外挿法と呼ばれる方法で行っているそうです。

外挿法とは、元あるデータから未知の領域のデータを推測する手法。

少々難しい話かもしれませんが、この手法が使うことができるのは、”その出来事は変化が起きないことを前提’’とした「未来の想像」だけです。

 

統計学の占いに種類の違いや根拠はあるか調査してみた!

世の中には占いが沢山あり、その中でもまた分類が出来ます。

統計学占い(統計学的占術)には

  1. 四柱推命
  2. 占星術

の2種類です。

有名な方と言えば、水晶玉子さん、細木数子さん、細木かおりさん、ゲッターズ飯田さん達が四柱推命や占星術をベースとして独自の占術を誕生させました。

ぴよ吉
ぴよ吉
テレビで見かける有名人だね!

この統計学占いの特徴としては、自身の生年月日を材料に占いが出来ることです。

生年月日と言うと、よく誕生日が同じ人は性格も同じと言いますよね。

つまりそういうこと!

占いの世界では誕生日が同じ人=性格が同じ人は一定の割合(大体3割程度)で存在すると言われているそうです。

ではこの統計学占いには、種類による違いや根拠はあるのか紹介していきましょう。

 

統計学の占いに種類の違いはあるか解説!

占い 統計学 嘘 種類 違い 根拠

統計学の占いの種類は全部で4種類(ト・命・相・霊)。

このうち、最も統計学らしい占いだといわれているのが、生年月日などから運命を占う意味を持つ”命”です。

さらに命には、四柱推命と占星術の2つに分けられます。

ではこの2つの占いに違いはあるのか、詳しく見ていきましょう。

 

四柱推命

まずは、四柱推命です。

そもそも四柱推命とは中国の『陰陽五行説』を元に作られた、”人の命運を推察する占術’’を意味します。

分かりにくいで有名なこの占術。

その理由は、生年月日と時の4つの柱・60個の星とが絡み合った表、いわゆる「命式」というものを作らなくてはいけないからなのです。

最近では、この「命式」をネットで簡単に作成できるみたいですが、そこから占い師さんに直接解読してもらう必要。

しかももっと厄介なことが、占い師さんによってこの「命式」の解き方に若干の差があります。

つまり占い師さんによっって診断結果が異なる場合があるということです。

ぴよ吉
ぴよ吉
占い師さんによって診断結果が違うんだね。

しかし統計学として扱われている四柱推命ですが、実際のところ統計学系占術として大規模なデータを集めた形跡が無いため、本当は統計学に基づいていないのではないか?という考えの人もいるそうです。

 

占星術

占い 統計学 嘘 種類 違い 根拠

2つめは占星術です。

占星術とは、最も分かりやすい占術。

惑星、黄道十二宮、十二室、角度の4要素から構成された”ホロスコープ”と呼ばれる天体の配置図を用います。

占星術では、生年月日、時間の星配置です。ギリシャでの星配置が必要要素です。

しかし星配置は時間と共に変化していきますよね。

どうやらたった4分で星配置は変わるそうで・・。

そのため、”全く同じホロスコープ”というものがありません。

つまり人口が70億人だとしたら、星配置も70億通りです。

この点から、統計学として扱われている占星術も、もしかしたら統計学に基づいていないのでは・・と考えてしまいますね。

ぴよ吉
ぴよ吉
四柱推命も占星術も統計学とは言えないのかな??

 

根拠があるか調査してみた!

では、統計学系占術には根拠があるのでしょうか?それともないのでしょうか?

とても難しい話ですが、根拠はないと私は思います。

その理由は上記でも説明しましたが、統計学系占術に使われる手法(外挿法)は、あくまで”出来事に変化がないことを前提”としてるからです。

したがって、変化があるようなことは統計学に基づいていると言えません。

言い換えれば、”統計学的な考え”に基づいているとなるでしょう。

ぴよ吉
ぴよ吉
占いって奥が深すぎる・・・。

 

まとめ

今回は、占いは統計学に基づいているのか、統計学による占いの種類やその根拠はあるのかないかについてご紹介させて頂きました。

結論、占いを統計学として扱うことは無理があります。

ここ吉
ここ吉
占いは統計学じゃないっぽいね。

統計学は、”変化を伴わないことが前提”ですので、日々生活していて”動きがある状態”の物を占いとしてみることは難しいです。

また占いは、占い師さんによる”経験”が含まれているものだったりするので、ちゃんとしたデータを用いたものでありません。

このことから、統計学系占術は根拠がないと言えます。言うのであれば「占いは統計学的な考えがある」。

しかし、占い師さんでも統計学者でもこのテーマは頭を抱える所ですので、絶対統計学でない!と言い切れる訳ではありません。本当に難しい所だと思います。

あくまでも、占いが大好きな私個人の意見として今回はまとめさせて頂きました。