龍神様

龍神様の種類は?名前ごとに伝説やご加護・ご利益を紹介します!

龍神様の種類 名前 伝説 ご加護 ご利益
Pocket

龍神様とは、中国古来より伝わってきたと言われ、人々を守ってくれる神さまの仲間と考えられています。

水墨画でよく見る、龍の絵を思い浮かべるとイメージが湧くのではないでしょうか?

龍神様には、いくつかの種類や名前があり、伝説もそれぞれ存在し、信仰する龍神様によってご加護・ご利益も変わってきます。

ぴよ吉
ぴよ吉
龍神様の種類って、どのくらいあるんだろう?

日本各地にも、龍神様を祀っている神社や伝説の地など多数あり、ご加護やご利益も様々です。

そこで、今回は、龍神様の種類や名前などを調査してみました。

それぞれの龍神様のご加護やご利益もご紹介しますので、どうぞご覧ください!

 

龍神様の種類は?

龍神様は、自然の神様として祀られ、特に水の神様として、日本古来より豊作を願い信仰されています。

また、天高く昇っていく姿のイメージがあり、右肩上がりと捉えられ、経営者人からも人気の神様です。

龍神様は、目に見えないエネルギー体と考えられ、守られると運気が上がり、良縁に恵まれるなど、人生が好転していくと言われています。

龍神様には、たくさんの種類があるのですが、ここでは、代表的な龍神様をご紹介していきたいと思います。

 

代表的な龍神様の種類をご紹介!

代表的な龍神様には、五龍神と呼ばれる五つの龍神様がいます。

  1. 白龍(はくりゅう)
  2. 黒龍(こくりゅう)
  3. 赤龍(せきりゅう)または、紅龍(こうりゅう)
  4. 青龍(せいりゅう・せいりょう)
  5. 金龍(きんりゅう)

色の名前がついていますが、それぞれの龍神様に役割があります。

どんな役割を担っているのか、次の項目で解説していきます!

 

種類別に色の意味を解説!

中国古来より伝わった、自然哲学の思想である五行思想では、それぞれの方角を龍が守っていると考えられています。

ぴよ吉
ぴよ吉
それぞれの方角を守ってくれているのは、心強いね!
ひた吉
ひた吉
それぞれの龍神様に、それぞれの意味があったんだね。

また、世界の元は、五つの元素から出来ているという五行思想の観点から、龍神様は五大元素とも密接な繋がりがあります。

それぞれの龍神様を詳しく見ていきましょう!

 

白龍

白龍は、西方を守護する龍神様です。

季節は、元素では金属を司ります。

 

黒龍

黒龍は、北方を守護する龍神様です。

五行思想では、玄武の代わりとも考えられています。

季節は、元素ではを司ります。

 

赤龍

赤龍は、南方を守護する龍神様です。

真っ赤な姿のとおり、季節は、元素ではを司ります。

 

青龍

青龍は、東方を守護する龍神様です。

生命力の象徴とされ、季節は、元素ではを司ります。

 

金龍

金龍は、五龍の中心的存在で、中央を守護する龍神様です。

季節は土用、元素ではを司ります。

 

龍神様の名前ごとに伝説やご加護・ご利益をご紹介!

龍神様の色には、それぞれの意味があることをご紹介しましたが、龍神様のご利益も気なるところだと思います。

次の項目では、龍神様それぞれの伝説なども加えて、ご加護やご利益を見ていきたいと思います!

 

名前ごとに伝説やご加護・ご利益を調査してみた!

日本では、元来、蛇を神として祀っていました。

中国から龍が伝わり、これらが融合して、現在の日本の龍神様の姿となったと考えられています。

龍神様は、人間が成長し続ける事を望み、人間と協力したいと願っているそうです。

ただ、龍神様に、あれもこれもと、たくさんの事を欲張ると、願いは叶わないのだとか

1つの事を、願い続けることで、龍神様は、幸運へと導いてくれると言われています。

そんな龍神様のご加護・ご利益をそれぞれ調査しました!

 

白龍

中国の神話で、白龍は、神さまの使いとして登場します。

龍神の中で、一番速く空を飛べるそうです。

ご利益は、金運アップ・仕事運アップ・結婚運などです。

 

黒龍

黒龍は、 黒色の悪や闇のイメージから災いをもたらす龍と描かれることもあるのだとか。

しかし、ご利益はそんなイメージを払拭するものになっています。

火除け・水回り・夫婦円満家庭円満・人事円満・健康運アップなどです。

 

赤龍

龍は、基本的に水の神様とされていますが、赤龍は、火を司り、水害から守ってくれると考えられています。

色のイメージのまま、太陽や火山から誕生し、口から炎を吐き出すそうです。

ご利益は、勝負運アップなどがあります。

 

青龍

青龍は、古来より自然の守り神とされ、雨乞いなどのパワーをもたらすとされています。

非常にパワフルな龍で、青龍が祀られているので有名なのは、東京にある八坂神社です。

ご利益は、芸能や芸事の成長・金運・出世・成功・勝利などがあります。

 

金龍

金龍は、他の龍神様とは格が違い、中央に位置することから、他の龍が金龍を守っているとも考えられています。

奈良にある、金龍神社は、金運アップのパワースポットとしても有名な神社です。

金運以外にも、家庭運アップ・対人関係円満など、全体的な運気アップのご利益があると言われています。

 

ご利益を受けるには?

龍神様それぞれのご利益をご紹介してきましたが、どのようにしたらご利益を受けられるのでしょうか?

龍神様は、好き嫌いがハッキリとしているそうで、人間の行動をよく見ているのだとか。

一生懸命に生き、自分自身の存在は自然の一部と感じ、感謝すること。

人にやさしく、思いやりを持って行動し、人間力を高めること。

龍神様が祀られている神社にお参りに行くこと。

そうすることで、龍神様が「この人を守りたいな」と思い、応援が入るそうです。

また、龍は水の神様であることから、水回りをキレイにしておくことも大事なことと言われています。

ぴよ吉
ぴよ吉
おトイレの掃除も、しっかりしよう。

日々の行動が大切になってきますね!

 

まとめ

今回は、龍神様の種類、名前や伝説、ご加護・ご利益をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

龍神様の種類がいくつもあり、色にちなんだ名前になっているのには驚きでした。

調査してくうちに、様々な伝説など、古くから信じられている龍神様は、遠い存在ではなく、いつも傍で見守ってくれているのではないか、と感じました。

ご加護やご利益を感じるには、やはり日々の行いが大事となっているので、毎日を大切に過ごしていきたいですね。

次の休日に、龍神様をお参りに行ってみるのも、いいかもしれません。