パワーストーン

パワーストーンのベタベタ皮脂汚れの手入れは水洗い?磨き方や保管方法を解説!

パワーストーン ベタベタ 皮脂汚れ 手入れ 水洗い 磨き方 保管方法
Pocket

皆さんパワーストーンの手入れはどんな方法で行っていますか?

夏になってくるとどうしても汗をかいてベタベタな皮脂汚れがついてしまいますよね。

アルコールや洗剤をつかうと手っ取り早くベタベタはとれる気がしますが使ってもよいものなのでしょうか?

水洗いに関しても、パワーストーンの種類によってはできないものもありそうです。

ぴよ吉
ぴよ吉
水が使えないときはどうしたらいいの?

他にも、くすんできたときの磨き方、つけないときの保管方法についても知りたいところですよね。

今回はパワーストーンのベタベタ皮脂汚れは水洗いしてよいのか、磨き方や保管方法に関して解説していきます。

この記事を読んでパワーストーンをキラキラきれいな状態を保ちましょう!

 

パワーストーンのベタベタ皮脂汚れの手入れは水洗い?

まずはパワーストーンのベタベタ皮脂汚れの落とし方についてみていきましょう。

パワーストーンには水洗い可能なものと、そうでないものがあります。

ぴよ吉
ぴよ吉
違いはパワーストーンそれぞれの特徴にあるよ!

また、洗剤やアルコールに関しては使わない方がいいという結果でした。

パワーストーンを傷つけずに汚れを落とすにはどのようにしたらよいのでしょうか?

詳しくみていきましょう。

 

基本的には水洗いでOK

水晶など水に強いパワーストーンであれば水洗いが可能です。

水に強いパワーストーンであれば浄化も水で行えるので、浄化をする過程で一緒に洗ってあげることもできますね。

ぴよ吉
ぴよ吉
水晶などクォーツ系、ムーンストーン、タイガーアイなど多くのパワーストーンが水に強いよ!

洗い方は、両手でやさしくこするように流水で洗います。

汚れが強い場合は柔らかい布等でふき取ってから水洗いをするのがいいですよ。

 

水に弱いパワーストーンの手入れ方法は?

パワーストーンには水に弱いものもあります。

水に弱いものには模様や特徴で判断できるものもあるので、覚えておくと便利ですね。

  • クラックが模様になっているもの
  • 硬度が低い(柔らかい)もの
  • 主成分が鉄のもの

こちらが代表的な特徴になります。

このような水に弱いパワーストーンにはマイクロファイバーの眼鏡拭きが有効なんですよ!

マイクロファイバーは汚れや油の吸着性がつよくて、皆さんも掃除などで使いますよね?

眼鏡拭きでもマイクロファイバー素材のものが出回っており、傷をつけにくくパワーストーンの汚れを取るのにもぴったりなんです。

100均でも売っていますので何枚かストックしておくといいでしょう。

ぴよ吉
ぴよ吉
例外的に水に弱く、摩擦にも弱いものもあるからしっかりと調べよう!

 

アルコールや洗剤を使うのはNG

べたつきが強い場合にはアルコールや洗剤を使っている方もちらほら見受けられました。

これは基本的に行わない方がいいです。

なぜかというと、パワーストーンの中には染色してあるものも多いのです。

ほかにも、ワックスで磨き上げられているものもあるんですよ。

ここで強いアルコールや洗剤を使ってしまうと、色落ちや光沢がなくなる原因にもなるんです。

ぴよ吉
ぴよ吉
どうしても洗剤を使わないと落ちないような汚れの場合は中性洗剤をつかうようにして、自己責任で行おう!

 

パワーストーンの磨き方や保管方法は?

パワーストーンを身につけているとなんとなく曇ってくることがありますよね。

ホワイトセージや塩を使った浄化でベタベタしたり、くすんできたりもよくあります。

そんなときは布などでこすっても大丈夫なのでしょうか?

保管方法についてもどのように保管したらいいのかわからないことも多いですよね。

パワーストーンの磨き方と保管方法について解説していきましょう。

 

パワーストーンの磨き方は?

それではパワーストーンの磨き方について解説します。

まず使うのは、柔らかい布です。

  • シリコンクロス(楽器などを拭く布)
  • 眼鏡拭き
  • 綿ガーゼ

このようなものがおすすめです。

先ほども紹介した「マイクロファイバーの眼鏡拭き」でも十分ですよ。

柔らかいクロスでやさしくこすってあげることで輝きが戻ってきます。

ぴよ吉
ぴよ吉
セレナイトなどの水に弱いパワーストーンのくすみは戻らないこともあるよ。

 

パワーストーンの保管方法

パワーストーンの正しい保管方法はどうやるのでしょうか?

アクセサリーは外してその辺に放置している人もいるかと思います。

正しい保管方法を覚えて汚れや傷から守るようにしましょう。

手順はこちらです。

  1. パワーストーンをクロスなどで磨き、汚れを落とす。
  2. 布の袋や専用の箱に個別に収納する。
ぴよ吉
ぴよ吉
直射日光や蛍光灯などの光、磁気を発する電化製品の近くは避けよう!

たったこれだけです。

保管している間も時々出して浄化をすることも忘れないでくださいね。

 

まとめ

今回はパワーストーンのベタベタ皮脂汚れの落とし方、汚れの手入れ方法は水洗いでいいのか、磨き方や保管方法についてお届けしました。

パワーストーンは水に強いものも多いので、ベタベタな皮脂汚れは水洗いで手入れできます。

ただ、中には水につけることで色落ちやくすみにつながるものもあるので眼鏡クロスなど柔らかい布でふき取るのが一番有効な方法でしょう。

ぴよ吉
ぴよ吉
水洗いするときは水に強いパワーストーンか調べてからにしよう!

また、洗剤やアルコールを使うのはなるべく避けるようにし、どうしても使わなければいけない場合は中性洗剤を使い、自己責任で行いましょう。

このように洗剤を使うことがないように、眼鏡拭きで行う磨き方を実践し、きちんとした保管方法でパワーストーンを扱うことが大切です。