龍神様

龍神様に卵のお供え物をするのはなぜ?神社と仏教寺院・神棚で意味が違う?

龍神様 卵 お供え物 神社 仏教 神棚
Pocket

神社や仏教寺院では、参拝の際に、お供え物を持参する方もいます。

龍神様にお参りに行ったら、がお供え物としてあって、ビックリしたという投稿を見かけました。

龍神様と卵が、なかなか結び付かない方もいるようです。

ぴよ吉
ぴよ吉
なんで、卵なんだろう・・・。

また、我が家にある、神棚には、卵をお供えしてよいのか、疑問に思う方もいっらしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、なぜ龍神様に卵がお供え物としてあげられるのか、卵をお供えするのは神社、仏教の寺院、神棚によって異なるのか詳しくご紹介します!

 

龍神様に卵のお供え物はするのはなぜ?

龍神様を祀る神社に行くと、卵がお供えされているのを、よく見かけませんか?

それは、龍神様をと考えられているという説、九頭龍大神様の好物だ、という説が影響しています。

ぴよ吉
ぴよ吉
他にも蛇が龍になり、天に昇ると考えられている地域もあるよ。

そういった龍神様に関する考え方や、言い伝えを見ていきましょう!

 

龍神様を「蛇」と勘違い?

卵をお供えする一つの説として、龍神様を蛇として考えられている説があります。

蛇の好物が鶏の卵であるため、卵をお供えする、という考えに繋がっているようですね。

ほかにも、龍神様に仕える蛇に、卵をお供えする、というものもありました。

実際に、私の地元にある神社では、白蛇が有名で、この白蛇がご神体の龍の使いであるということから、卵が供えられているのを見たことがあります。

ぴよ吉
ぴよ吉
龍神様が蛇だと考えられている説と、龍神様に仕える蛇にお供え物をしている説がありそうだね。

蛇の好物が卵であることから、卵が供えられていますが、こちらの理由に関しても諸説ありそうです。

 

九頭龍大神様の好物?

もう一つは、九頭龍大神様の好物が、である、という説がありました。

九頭龍大神様は、水の守護や雨ごい、事業繁栄の神とされ、各地で九頭竜伝承が残る神様、と言われています。

この九頭龍大神様の好物が、卵であるため、供えられているようですね。

実際に箱根神社では、九頭龍大神様が祀られていることで、卵がお供えされています。

箱根神社の九頭龍大神様は、芦ノ湖のほとりに祀られており、湖が汚れることから、卵を湖へ投下することは、禁止されていますので注意しましょう。

ぴよ吉
ぴよ吉
神社の方に聞いて正しい場所にお供えしよう。

一方、戸隠神社では、九頭龍大神様の好物は、梨であるとされていました。

九頭龍大神様は、皆、卵が好きというわけではないようです。

事前に調べてから、卵をお供えした方がよいでしょう。

 

地域によって蛇が龍になって天に昇る言い伝えも!

沖縄、八重山諸島や石垣島では、千年生きた蛇がになり、天に昇り神様になるという言い伝えがあるそうです。

この言い伝えは、『千年蛇』という、沖縄の民話にもなっていました。

おじいさんが、天に昇る途中の蛇をみてしまい、その蛇が他言しないのであれば、お金持ちにしてやろう、というお話です。

また、鳥取県米子市にも、『龍の秘密』という昔話があります。

三千年の修行に、終わりを迎えようとしていた蛇が、前日にその姿を男に見られ、龍として天に昇れないので、姿を見たことを黙っていれば、お金持ちにするというものです。

どちらのお話しも、最後は男が口を滑らせて、蛇の事を話してしまい、貧乏に戻ってしまったのだとか。

 

卵のお供え物は神社や仏教寺院・神棚で意味が違うの?

龍神様が祀られているのは、神社だけではありません。

龍は、お釈迦様の説法を聞いて、仏教を護る神となったと言われており、龍神様が祀られている仏教の寺院もあります。

また、神棚にも龍神様が祀られていることがあるようです。

それぞれで、卵は、お供えできるのかを見ていきましょう。

 

神社での「卵」の意味や由来は?

卵をお供えすることで有名な、奈良県の大神神社を例にしてご紹介します。

こちらの神社に祀られている、大物主大神(おおものぬしのおおかみ)の化身は、白蛇である、と日本書紀にも記されているそうです。

『巳さん』と昔から親しまれ、大神神社では、蛇の好物である、卵がお供えされるようになったのだとか。

この大神神社は、日本最古の神社と言われているので、卵をお供えする神社発祥の地なのかもしれません。

また、生卵か、ゆで卵かを調べたところ、『龍神様はゆで卵が好き』というものがありましたが、神社によって、生卵をお供えする所、ゆで卵をお供えする所、それぞれでした。

ただ、龍神様を祀る、全ての神社で卵をお供えできるわけでないので、注意が必要です。

卵をお供えできる神社では、境内に販売されている所がほとんどのようなので、参拝される際にチェックしてみてください。

 

仏教寺院や神棚では卵はNG?

龍神様を祀るお寺で、卵をお供えできるのかを調べたところ、卵は、『ひよこになる可能性がある』ので、基本的にはNGと言われています。

仏教では、生命の宿るものをお供えしてはいけない、という理由からだそうです。

神棚は、家の中に神様をお迎えし、守ってもらう場所であり、蛇神様や龍神様を祀っている場合は、卵をお供えします。

 

まとめ

今回は、なぜ、龍神様に卵のお供え物をするのかをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

神社や仏教寺院の全てで、卵をお供えするわけではないこと、また龍神様によって好物も違うということにも、驚きでした!

神社や仏教寺院へ参拝に行かれた際に、卵があるか探してみるのも良いかもしれません。

神棚は、龍神様を祀っていれば、卵をお供え出来ます。

毎日、神棚の龍神様に感謝しつつ、好物のお供え物をすれば、龍神様もきっと、喜んでくれるのではないでしょうか。